HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  Recommend  »  深川不動堂 門前仲町

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深川不動堂 門前仲町

新年のお参り兼ねて御護摩してきました。全身から邪気が出て行く感じがします。
おごま


御護摩の様子が映像で観れます
http://www.fukagawafudou.gr.jp/fukagawafudou-douga.wmv

古いお札を納めて新しいお札をもらいました


江戸時代、中でも元禄年間は江戸市民を中心として不動尊信仰が急激に広まっていった。この背景には、経済・商業の中心地としての江戸、またそれを支える町人の経済力の飛躍的な増大が大きな原動力になっていた。
 このような元禄の町人文化が華々しく開花した時期に、成田山新勝寺は信徒数も増え、また寺格も格式の高い本山へと大きく発展していく。
 同じ時期江戸町人を中心に成田山のご本尊、不動明王を江戸で参拝したい、という気運が高まって、ついに1703年(元禄16年)4月にはじめて江戸でのご本尊の出張開帳(江戸出開帳)が行なわれた。当時は犬公方と知られる五代将軍綱吉の世で、その母桂昌院が成田山の不動明王を江戸で参拝したいと言い出して、それが実現したという説もある。
 成田山出発の総勢は300人を超える行列が組まれ、江戸まで1週間余りかけてご本尊が運ばれたといわれる。2ヶ月にわたるご開帳は、江戸市民に大きな人気を博したが、この開帳の場所が深川永代寺境内で現在の深川不動堂付近であり、これが深川不動堂の起りである。
 明治に入って神仏分離令によって、永代寺は廃寺になり境内は深川公園になった。明治2年に現在の地に「深川不動堂」の正式名称が認められ、14年には本堂が完成する。
 関東大震災・第二次世界大戦と2回にわたって本堂が焼失したが、ご本尊は奇しくも焼失を免れた。
 昭和26年に当時千葉県印旛沼のほとりに建っていた龍腹寺(1862年・文久2年建立)を深川に移築して本堂が復興したが、この時の建物が現在の本堂になっている。

20080128011906
20080128011905




御護摩とは不動明王を御本尊とし、その前に壇を設け色々な供物を捧げ、護摩木という特別につくられた薪を焚いて不動明王に祈る真言密教の秘法です。護摩の火は不動明王の智慧を象徴し、薪は煩悩を表わしています。護摩の儀式を通じて僧侶は薪という煩悩を不動明王の智慧の炎で焼きつくし、ご信徒と共に清浄なる願いとして高まり成就することを祈ります。これを形に現わしたものが護摩札です。護摩札は不動明王の霊徳を宿し、不動明王を象徴しています。


厄年表
特に今年鼠年で厄年の47年生まれの女性は
厄除け+
厄年


深川不動堂
〒135-0047
東京都江東区富岡1-17-13

代表電話・FAX
TEL
03-3641-8288
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
只今の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最近の記事
ブログ検索
Advertising
月別アーカイブ
最新コメント
Amazon
Amazonで欲しいものを探してみよう!
なかのひと
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。